鹿児島西ロータリークラブ   鹿児島西ロータリークラブ
KWCKWCKWCKWCKWCKWCKWCKWC
鹿児島西ロータリークラブ

鹿児島西ロータリークラブ


ロータリークラブ関連


事務局


鹿児島市金生町3-13-5F
TEL(099−223ー5902)
FAX(099−223−7507)

鹿児島西ロータリークラブ

鹿児島西ロータリー・クラブ  会長(2020/7/1〜2021/6/30)
川畑 宏二


【はじめに】
 2020−21年度 鹿児島西ロータリークラブの会長を務めさせていただくことになりました。日本のロータリーの100周年の今年度、クラブの輝かしい歴史の節目となる60周年までいよいよあと2年になりました。格調高い西クラブの歴史と伝統を繋ぐ役割を果たすために、皆様のご協力を賜りながら任務遂行に全力を挙げて取り組んで参ります。
 今年度は、年初来の新型コロナウイルス(COVID−19)のパンデミックが進行中で、これまで順調に成長してきたグローバル社会を一変させ、経済活動や社会全体に私たちが経験したことのない大きな試練と変革をもたらしています。テクノロジーの分野では情報通信技術やAIの飛躍的な進歩によって第4次産業革命の波が押し寄せています。また、地球環境の変動の中で持続可能な社会の在り方が問われています。
 こうした中で、ボルガ―・クナークRI会長は今年度のテーマとして「ロータリーは機会の扉を開く」“ ROTARY OPENS OPPORTUNITIES ”を提示されました。この意味するところは、ロータリーは、親睦、学び、成長、リーダーシップ、会員自身や受益者の人生を豊かにするための機会をつくり、これらの機会が無限の可能性を開くということです。地域のささやかなプロジェクトから世界規模のものまで、私たちのあらゆる活動がどこかで誰かのために機会の扉を開くと述べられています。その原動力となるクラブに活力を与えるためには単に数値目標を追い求めるのではなくクラブに適した多様性のある会員選考と増強をはかる事が必要だと説かれています。
 RIテーマを受けて風呂井ガバナーは、「不易流行・ロータリーの基本を堅持し変化に適応するクラブを」を地区方針として提示され、18項目の目標を掲げられております。

【クラブ方針】
 RI会長のテーマと調和し地区ガバナー方針に全面的に協力をしながら、クラブの自主性を発揮して、例会運営、プログラム、委員会活動の充実を目指してまいります。「之を知る者は之を好む者に如かず。之を好む者は之を楽しむ者に如かず」の格言にもありますように、日本のロータリー100年の歴史を学びながら新たな時代へ向けて楽しさを味わえるロータリー活動ができるように「温故知新・ロータリーを楽しもう」をクラブテーマとして掲げさせていただきます。
 ロータリーの目的と奉仕の関係を体系的に表現するのに「ロータリアンの木」の例があります。木が育つためには親睦という栄養に満ちた土壌やそれを吸収する根が必要で、ロータリー精神と職業奉仕の昂揚が幹となることで奉仕活動に相当する枝葉が繁り、木全体が成長してゆくという例えです。今年1月に端を発したコロナ禍は終息まで長期化の様相を呈しており、その影響を受けて前年度はクラブ例会や学習会、地区の主要行事の多くが中止を余儀なくされました。今年度もロータリー活動に何らかの制約を受ける事が想定されますが、こういう時期だからこそ「ロータリアンの木」が定義づける親睦を基盤とし、会員同士の絆を大切にしながら以下の活動に取り組んで参ります。

【1】例会の充実
例会を「入りて学ぶ場」「親睦の場」であると実感できるような運営に努めます。
思考の幅と見識が広がる会員卓話と外部卓話を充実させます。
【2】親睦の機会の充実
ロータリー談義に花を咲かせながら志を高め深めあう懇親の場を設けます。
(公衆衛生上の安全を確保する前提のもとで)
【3】500回記念学習会
500回目の学習会を迎える今年度中に日本のロータリー100周年に因んだ企画をいたします。
【4】60周年へ向けての準備活動
60周年準備委員会を実行委員会へ成熟させてゆくべく準備活動を支援・推進します。
【5】会員増強
会員純増2名以上を目指します。全員が会員増強委員になったつもりでご協力お願いいたします。
【6】継続事業の充実
各部門、委員会、部会、提唱クラブ等の継続事業をさらに充実させます。
【7】社会奉仕プロジェクト
部門間連携の社会奉仕活動として、DDF地区補助金を活用し、ゆうかり学園での人道支援プロジェクトを実施します。
【8】グローバルプロジェクト
部門間連携でグローバル補助金の活用機会の調査・検討を継続します。
【9】MY ROTARY
ロータリーの歴史や最新情報を広く深く知る手段として、ロータリー情報の宝庫であるMY ROTARYの登録と利用を推進します。
【10】ロータリー賞への挑戦
クラブセントラルで測定可能な目標を設定し、進捗状況を確認しながら目標達成を目指します。
【11】戦略計画の立案
展望委員会・60周年実行委員会の連携により、歴史を敬い未来を見据えて、戦略計画を立案します。

 この一年間、会員同士の友愛の和を図りながら、菊永幹事と共に魅力ある楽しいクラブ運営の任務に精励する所存でございます。会員の皆様の積極的な参加とご指導・ご鞭撻を切にお願い申し上げます。

/ 鹿児島西ロータリークラブ / ロータリーの歴史 / ロータリークラブ関連 / リンク /
/ 鹿児島の歩き方 / 趣味の「ロータリー倶楽部」/
/ トピックス / バックナンバー / WEB卓話 /
/ サイトマップ / このサイトの利用について / お問い合わせ /

All Rights Reserved, the Rotary Club of Kagoshima West