鹿児島西ロータリークラブ   鹿児島西ロータリークラブ
KWCKWCKWCKWCKWCKWCKWCKWC
鹿児島西ロータリークラブ

鹿児島西ロータリークラブ


ロータリークラブ関連


事務局


鹿児島市金生町3-13-5F
TEL(099−223ー5902)
FAX(099−223−7507)

鹿児島西ロータリークラブ

鹿児島西ロータリー・クラブ  会長(2017/7/1〜2018/6/30)
藤安 秀一


鹿児島西ロータリー会長挨拶文
平成29年5月2日作成

この度2017-2018年度55代会長を拝命いたしました。ロータリー入会年度は1996年3月です。本年で22年目に入ります。当年63歳。職業分類は醸造という分類に属します。ロータリーにおきましては、自己紹介は、この要件を入れるようにとのことでしたので先に入れさせて頂きました。
さて、今回会長を引き受けることになりましたがロータリー歴は比較的長いのですが活動範囲が広く実践的な部分は中々実行できておりません。今までロータリーは私にとっては一種の社交場として捉えておりました。しかし、会長を引き受けたからにはロータリーの目的「ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある」の理解を深め少しでも目的に近づけるように努めます。また、その具体的な内容が4つ掲げてあります。書面の関係で割愛致しますができれば会員皆様もお目通しいただけたら幸いであります
さて、2017-18年度RIテーマ「MAKING A DIFFERENCE」「変化をもたらす」です。根底にあるのは「奉仕」です。また、2730地区押川弘巳ガバナーの理念として「ロータリーを知り、よく理解しよう」を掲げています。
基本方針として

  1. 会員増強(純増2名)拡大
  2. 研修セミナー開催RLI等参加
  3. 地区組織・機構改革の下準備
  4. 対外的なアピールを述べております。
この基本方針を基に私の年度では今までの活動をしっかり踏襲して西クラブの「地固めと活性化」に努めて行く考えでおります。
  1. 5分間スピーチの実施。(自分を知って頂く)
  2. 例会出席率の向上(メンバーを知り交流を深める)
  3. ニコニコボックス投稿向上(楽しかったことや近況を知って頂き、寄付することでクラブの財源に繋がる)
  4. 下関東ロータリークラブとの友好盟約締結(交流機会を増やす)
  5. 会員80名増強体制(クラブ強化)
  6. 学習会への参加20名以上を目指す(ロータリーを語る場)
  7. RLIへの参加、クラブ5名以上(次世代ロータリアンの人材育成)
  8. 地区行事としてRYLAの成功(次世代の職業人の育成)
  9. ローターアクトへのテコ入れと強化(クラブ活性化に繋がる)
  10. ロータリー用語の説明を週報に入れる(言語統一と共通価値観)
  11. 月に1度西クラブの歌を例会前に唱和する等(数少ないクラブ歌は他クラブとの違いである 差別化)

以上縷々書きましたが浅学非才な会長ですがロータリアンの「好意と友情を」持って支えて頂ければ幸いでございます。1年間よろしくお願いします。

/ 鹿児島西ロータリークラブ / ロータリーの歴史 / ロータリークラブ関連 / リンク /
/ 鹿児島の歩き方 / 趣味の「ロータリー倶楽部」/
/ トピックス / バックナンバー / WEB卓話 /
/ サイトマップ / このサイトの利用について / お問い合わせ /

All Rights Reserved, the Rotary Club of Kagoshima West